トップ > 信頼できる美容外科を選ぶコツ > 目尻切開で切れ長で優しい印象の目元に

目尻切開で切れ長で優しい印象の目元に

目尻切開とは、目尻を切開することで目の横幅を広げる美容整形手術のことです。
目の横幅が小さくてバランスが悪い、目そのものが小さくて大きくしたいといった場合に効果を発揮します。
目が切れ長になり、目のラインが緩やかになるので優しい印象の目元になります。
ほんの数ミリ切開するだけで見違えるほど印象が変わります。
施術時間も30分かからず、入院の必要もなく術後はすぐに家に帰ることができます。
術後の腫れも一週間ほどで落ち着くので、お盆休みなどの長期休暇を利用して誰にも気づかれず整形手術を受けることができます。
白目が隠れている部分が多い人ほど、切開できる幅は広がりますが、あまり切開しすぎても不自然な目元となってしまいますので、注意が必要です。
顔全体のバランスを考えて、医師と相談しながら最適なラインを決めていきます。



目尻切開でコンプレックスの解消を

日本人の中には、目が小さいことをコンプレックスに感じている人が多いですね。
これは日本人だけではなく、アジア圏内の人たちには共通する特徴でもあります。
遺伝的にそのように作られているのですから、仕方のないことではあります。
しかし、目が小さいとどうしても見た目が悪くなってしまうことがあります。
特に女性は、大きな目をしているほうが一般的には可愛いと言われます。
したがって、小さくて細い目を嫌う人は多いです。
ただ、こうしたコンプレックスは、近年割りと簡単に解消できるので心配はありません。
美容整形をすれば、物理的に目を大きくすることができます。
目尻切開という手法を使えば、数十分の手術で大きな目を手に入れることができます。
ただ単に目尻を切るだけなので、失敗をすることもほぼありません。
効果が出ないということもないですから、多くの人が利用しています。



目尻切開なら誰でも簡単に目を大きくできる

目尻切開をすると、短期間で目を大きくすることができます。
即効性が高く、しかも一度やってしまえば効果は永続的です。
誰でも簡単に目を大きくすることができるために、整形手術の中でもかなり代表的なものの一つになっています。
日本人女性の中には、目の小ささをコンプレックスに感じている人が多く、昔からこの手法は人気が高いです。
近年は、コンピューターグラフィックスで、切開後の自分の顔をシミュレートできるようになりました。
手術後にどのような顔になるのかが事前に把握できるために、後悔をすることも少なくなっています。
費用もかなり安くなってきていますから、目元の印象を変えたい場合には有効活用していいのではないでしょうか。
切開ですから元に戻すことは難しいですが、やる価値は高い手術の方法だと言えますね。
たいていの美容整形外科でできる手術ですから、場所にも困ることはありません。

次の記事へ

PAGE TOP