トップ > 信頼できる美容外科を選ぶコツ > 目尻切開によってきつめの目を穏やかにする

目尻切開によってきつめの目を穏やかにする

人の顔はそれぞれ異なります。
よく似ている人などがいますが、双子などでない限り完全に似ることはないでしょう。
目や鼻、口などいろいろなパーツがあり、それぞれが人の個性を出してくれます。
いい個性であれば問題ありませんが、気になる場合もあります。
個性が出やすいパーツとしてあるのが目です。
日本人の場合は、一重で細いタイプの人が多いとされています。
目が細いときつく見られてしまうこともあります。
それがいいバランスになっていればよいですが、目だけが少し気になる場合があります。
そこで利用したいのが目尻切開です。
これによって細くきつめの目を穏やかにすることができます。
普通にしていても怒っているように見られていたのが、優しく見られるようになります。
接客などをするときにも、優しい目をしている方がお客さんへの印象が良くなります。



目尻切開は時間のかかる手術ではない

手術と聞くと、かなり大掛かりのものを想像することがあるかもしれません。
場合によっては何時間も耐えないといけないものもあります。
麻酔で眠っているとはいえ、体には負担があります。
時間がかかる手術を受ければ、かなり疲れることになります。
美容整形手術の一つである目尻切開の場合はどれくらいの時間で受けることができるかです。
状況にもよりますが、一般的なことをするだけであればそれほど時間はかからないとされています。
早ければ10分から15分くらいで終わることもあるくらい簡単です。
もちろん行うときには麻酔を行うので、痛みなどはありません。
切ると言っても実際に切る部分はそれほど多くありません。
切る部分も少なく、手術時間も短いので、後に残る負担もそれほど大きくありません。
気軽に行うことができる手術の一つと言えるでしょう。



目尻切開をした後に会社に行くのが不安

韓国は、比較的多くの人が整形手術を受けているとされています。
化粧やエステを利用するのと同じように、きれいになるための手段の一つとされています。
日本でも美容の一つになっていますが、切ったりする手術をするといろいろないわれ方をすることもあります。
目尻切開は、美容整形の一つとされています。
目の印象を変えるのにいい方法で、多くの人が利用します。
切開をするので、実際に切ることになります。
切ったり縫合したりをすれば少なからず体に腫れなどが残ります。
そのうち腫れは引いていきますが、術後はしばらく残ります。
会社勤めをしている人などは、休み明けに目が腫れている状態を見られるのが嫌と感じることもあるでしょう。
その時には、クリニックに相談をしましょう。
いろいろな方法を提案してくれます。
両目をするときには、片目ずつ行ったり、もう一方が落ち着いてから行うなどがあります。

次の記事へ

PAGE TOP