トップ > 信頼できる美容外科を選ぶコツ > 目尻切開に関する主な内容や効果

目尻切開に関する主な内容や効果

目尻切開とは、目尻であるまぶたの外側を切開した上で、外側に広げていく美容整形術となっています。
つまり、切開していくことによって、まぶたに隠れている外側の白目による部分が露出していくことによって、切れ長である大人っぽい目であったり、目を大きく見せていく効果があります。
そのために、童顔の方にとっては人気な施術であるとも言われています。
なお、目の幅が小さければ顔の肌面積については広くなりますので目尻切開に関しては顔のバランスを整えていく効果もあると言われています。
また、目尻切開にはクリニックによって切開していく箇所が違っている場合が多くなっています。
そして、一般的には目尻にあるくの字になっている皮膚や粘膜にあるポケットと呼ばれている部分をを横に切開した上で、開いている部分の皮膚を上下縫合していく切開法がよく行われています。



目尻切開で得られる変化や効果とは

一昔前よりも美容整形に対するイメージは変わりつつあり、コンプレックスを解消する手段として浸透しつつあります。
中でも目に関する悩みは多く、理想の目元になるために美容整形を訪れる方は増えています。
そこで今回は、目尻切開に関してご案内いたします。
その名の通り、目尻を切開して目を外側に向かって伸ばす術法で、まぶたに隠れていた外側の白目が見えるようになることで目が大きくなる効果を生み出します。
細くキツイ印象を与えていた目元を優しく穏やかな印象へと変化させ、切れ長で大きな目を作り出して顔全体のバランスも整える効果もります。
よく耳にする目頭切開は、蒙古ひだという日本人の多くにある目頭を覆っている部分を切るので、その効果は分かりやすいのですが、目尻切開は、術の適用の段階で目尻の部分が相当程度覆われている必要があるため、単独での効果が見えにくいというケースもあります。
自身の目元と理想の目元を照らし合わせて、目頭切開や二重術などと組み合わせる症例も多々あります。
信頼できるクリニックで十分なカウンセリングを行ったうえで術式を決めていくと良いでしょう。



目尻切開を希望される方は術後を考慮

親から受け継いでることから生まれつき目が小さく、コンプレックスに感じてる方も多くいらっしゃいますね。
目を大きく見せたい方は、美容外科クリニックで目尻を切ることが出来ます。
女性はよく鏡を見る癖があることから、見るたびに嫌な感じになるので手術を決断する方もいらっしゃいますね。
美容外科では病気の治療ではないことから、一般的に使われてる保険が適用外になってるので、費用の面でも考慮しなければならないです。
目尻切開をされるとコンプレックスが解消され、自信をもって行動することが出来るようになります。
手術では縫合してますので、抜糸をするまでは普段してる化粧を控えることです。
傷跡も少ないので、見た目も手術したとはわからないくらいです。
目の手術なので術後は腫れぼったい感じがありますが、徐々に引いてきますので、気にならなくなります。

次の記事へ

PAGE TOP